ホーム>撮影日記

撮影日記

ドローン撮影講習会

近年ドローンを使用して、今までなかなか撮れなかった

感動的な、美しい映像も簡単に撮影できるようになりました。

 

しかし、度々ニュースでも取り上げられていますが

飛ばすには危険も伴い、国や所有地の許可を取らなければ

いけません。

 

安全に飛ばし、撮影するために、先日、行政書士の方に

ドローンに関わる法律を教わり、

テレビ番組でも活躍中のお知り合いのプロカメラマンに

ドローンの講習会をしてもらいました。

 

2017126171628.JPG

許可を取らないで撮影すると、後々大変な事に…

 

北風の中、凍えながら練習中〜

2017126171314.JPG

2017126171343.JPG

弊社の機械オタク達。。笑

2017126171552.JPG

 

使える映像を撮るためには、練習を重ねるしかないですね。

2017126171414.JPG

ヘリポートあると草や、砂煙が舞わなくて便利ですよ〜

 

空撮でのご依頼もお待ちしております。

ビデオは三脚で決まる(3) ビデオヘッド

こんにちは。

私たち光洋は埼玉にある映像制作・撮影会社です。

 

以前もお伝えしましたが、各種プロモーションビデオの制作から発表会の撮影まで

様々な映像作品を手がけています。

それこそ発表会は映像の仕事を始めてからずっとやっていますが、

逆に、ここ数年で多くなってきた仕事もあります。

 

それが、イベントのライブ中継があります。

中継と言ってもテレビ放送ではなく、イベント会場の大型ビジョン・プロジェクターに

イベントの様子を映す、というものです。

先日、フラダンスの発表会を撮影しに行きましたが

その際も収録+中継という形で会場のスクリーンに映像を出していました。

他にも、ホテルでのパーティなどでもご依頼頂くことがあります。

大きなスクリーンに映し出されるとインパクトも強く、感動も伝わりやすいようで

参加された方だけでなく、主催された方もご満足いただけるようです。

 

さて、ビデオ三脚のお話です。

まず写真でご覧頂きましょう。

2016613172156.jpg

左がビデオヘッド、右が一般的な2Wayヘッドです。

ここではとりあえず、動画はビデオ、写真はスチルと呼ばせていただきます。

三脚の三本に分かれている部分を脚、その上をヘッドと呼びます。

ビデオヘッドはがっしりとした塊のようなヘッドですね。

 

実は、ヘッドとしての機能はどちらも同じです。

曰く、カメラを被写体の方に向けて安定させる、ということになります。

違いは画角を変更する動作を滑らかに行えるか、という点です。

 

スチルは被写体を一瞬で切り取れば良いので、画角を作ってヘッドを固定できればよいのですが

ビデオは連続した動きを記録し続けるため、録画をしたまま画角を連続して変えなければいけない状況が出てきます。

その動きを、ビデオヘッドが助けてくれると言うわけです。

 

ヘッドの構造が複雑な分、大きく、重く、金額も高いですが

収録した映像の安定感も格段に上がります。

 

ご自分で撮影した映像に満足できなかったら

ビデオヘッドが解決してくれるかもしれません。

ビデオは三脚で決まる(2) 一脚の話

こんにちは。最近暑くなってきましたね。

6月に入り春の運動会シーズンも一段落といったところでしょうか。

今回はフルード三脚のお話をするつもりだったのですが

運動会と絡めて一脚の話にしようかと思います。

 

光洋では、小学校や幼稚園の卒業記念DVDなどを制作しており

今年度も早速、運動会の撮影に行ってまいりました。

 

運動会の撮影となると、やはり機動性が重視されます。

そこで、最近では小型・中型のカメラを手持ちで使うことがほとんどですが

前回のエントリでお話しましたように、画面がぶれると映像はとても見辛い

ものになってしまいます。

これを抑えるのがカメラマンのスキルになるわけですが

三脚の安定度にはやはり敵いません。

でも、やっぱり三脚は機動性が...

 

そこで一脚が登場します。

201668114833.jpg

一脚とはそのものずばり、三脚の三本の脚を一本に減らしたものです。

脚を広げる手がない分素早く動け、脚が地面に付いている為ブレにくいのです。

さらにこの一脚の場合、一本足の先が分かれていて自立します。

 

もちろん、運動場の中を歩きまわる時には邪魔になる時もありますが

適宜こういうものを使って、安定した映像を記録できるようにしています。

ちなみにこのマンフロットの一脚、高さがものすごく上がります。

201668115310.jpg

ちょっと見づらいですが、ワゴン車の天井よりも背が高く、190cm位になります。

ここまで高さが上がると、前に立っている人がいても頭を飛び越えて

撮影でき、クリアで安定した映像が撮影できることになります。

 

三脚で決まる、と言いつつ今回は一脚の話になってしまいましたが

根底にあるのは映像を安定させたい、ということで

ご理解頂ければと思います(笑

ビデオは三脚で決まる(1)

こんにちは。

今回は、動画を撮るときは三脚を使ってほしいな〜、という話をしたいと思います。

ちょっと長くなりそうなのでパートを分けました。

 

光洋では発表会やイベント、セミナーなど様々なビデオ撮影をおこなっています。

私達が撮影するときは、この記事などにあるようにわりと大掛かりな機材を用意するのですが

撮影の合間に客席の様子を眺めていると

ビデオカメラを手に持ってステージを撮影しているお客様をよく見かけます。

 

事情はわかります。三脚は重くてかさばって邪魔ですから。

でも、私達の感覚では特にステージものを撮影するときは三脚は必須なので

やっぱり三脚使ってほしいなぁ、と思います。

 

というのも、撮影したビデオを見返した時に気づかれることも多いと思いますが

映像を見づらくする要因の1つが「映像のブレ」であり

それを大きく減らしてくれるのが三脚だからです。

 

「映像のブレ」はズームを使っている(レンズの望遠側を使っている)場合より大きくなります。

一番広く写している状態ではブレが少しでも、最大望遠にするとそのブレが何倍にも拡大されてしまうのです。

 

また、ビデオカメラの小さい3インチ程度の液晶モニタではあまり気にならないようなブレでも

家庭の40インチのテレビで見ると、それが10倍以上に拡大されるわけですからかなり見づらくなってしまいます。

 

最近のカメラは性能も良くなって、手ぶれ補正がかなり強烈に効くものもあるのですが

人間ですので、同じポーズを続けるのは辛いものです。
 
 
そういったことから、三脚の使用を強くおすすめしています。
 
 
次回は
「でも、カメラを三脚に乗せていると、狙いたいところがすぐに狙えないんだよねー」
という方の為に、ビデオ用の「フルード三脚」の話をしたいと思います。

ダビングで気になるビデオテープの種類

こんにちは。

 

光洋ではビデオや音楽メディアの各種ダビングのサービスを展開しているのですが

電話でお問い合わせを頂いた時、お客様と確認を取りづらいのがメディアの種類です。

サイズや、ケースの表記などで確認をさせていただくのですが

声だけで説明するのも難しいのが現実です。

 

というわけで今回はおさらいをかねて、光洋でダビング可能なビデオメディアを

写真で紹介したいと思います。

 

2016411125058.jpg

左から順番に

1:VHS

2:Hi8

3:VHS-C

4:miniDV

のテープとなっています。大体の大きさで並べてみました。

VHSはご家庭で使用されていた方も多くいらっしゃると思います。

Hi8はソニー製ビデオカメラ、VHS-Cはビクターや松下(現Panasonic)製の

ビデオカメラで多く採用されていたテープです。

その後、いろいろあってビデオカメラのテープはminiDVが勝ち残った形になります。

201641112580.jpg

幅を見るとこんな感じ。

左から

1:VHS

2:Hi8

3:VHS-C

4:miniDV

です。VHS-Cはアタプターを使うことでVHSデッキで見れるようになっており
厚みはVHSテープに近いですね。
miniDVテープが薄型、小型化で最新という感じがします。
201641113116.jpg
 

参考までに定規を当ててみました。

左から

1:VHS  約 20cm

2:VHS-C 約 10cm

3:Hi8   約 10cm

4:miniDV 約 6.5cm

ですね。先程までと順番が変わってしまいました。申し訳ございません...(汗

VHS-CとHi8はサイズ感が似ていますが、厚みが違う、ということですね。

 

以上となります。

 

他にご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ダビングのご依頼、お待ちしております!

エレクトーンステージ収録

おはようございます、しものです。
今日と明日はクレアこうのすで、タニタ楽器さんの
エレクトーンステージの収録です。

2014961141.jpg

DVDとBDの販売です、みなさんの演奏とパフォーマンスを
カッコ良く収録しますね。

20149611729.jpg

ロビーの受付では、収録している映像をテレビに中継!

20149611920.jpg

しているのですが、何のトラブルか映像が途切れ途切れに...
中継ケーブルを変えても直らず、どうしたのでしょうorz

ピアノコンクール収録

しものです、今日は埼玉県北本市主催で行われている、
ピアノコンクール連弾部門の収録に来ていました。

201482012814.jpg

今年11回目になるコンクール、今日は連弾部門だけですが、
9月27日からはソロ部門の予選、10月には本選も
行われます。
こちらも光洋が収録します、出場者のみなさん
コンクールの記念、演奏の確認や来年に向けての
参考にいかがでしょうか。

2014820121715.jpg

連弾は舞台奥に座る奏者が重なってしまうので、
ステージにも小さいカメラを用意して、演奏している
2人の奏者の表情も撮りますb

CM素材撮り

しものです、日差しが暑くて、外での撮影は大変ですね。。

今日は新生オートプラザさんのテレ玉放送用のCM制作を
するための収録をしてきました。

201484155816.jpg

若手の社員さんたちが積極的に出演して、収録は順調。
外での撮影も、暑さに負けずしっかりセリフを喋り、
ディレクターからOKをいただきました。
お疲れ様です。

収録したら、あとは編集、秋ころには新しいCMを見ることが
できますでしょうか。
軽の未使用車を買うなら新生オートプラザさん、
CMの制作や映像制作なら光洋へ、ぜひお声かけくださいm(._.)m

セミナー収録

おはようございます、しものです。
今日は御茶ノ水に来てまして、本田健さんの1日セミナーの
収録をしております。

2014727115845.jpg

全国から自分の願望を達成したい!と願う参加者たちに
様々な本を出版している本田健さんが、答えを
導いていく半年間のセミナー。
収録しながら、ちょっと自分も気づきをいただきます...

フラメンコ発表会撮影

世間は3連休でしょうか、しものです。
今日は横浜のみらいホールで、フラメンコの発表会の
DVD収録です。

2014720134551.jpg

カメラ1台での収録なので、機材も少なめで仕込みも
早々と完了。
ゲネを見ながら、音声とカメラの調整。
照明の明暗がすごく変化が大きく、生で観てると
とても良いのですが、カメラで撮るとなると、
中々大変です。。

2014720135633.jpg

足元がポイントのようなので、足元も狙って収録しますね。

PageTop