top of page
  • 執筆者の写真Koyo Office

【撮影】吹奏楽定演の撮影



吹奏楽定演の撮影

先日は高校の吹奏楽部の定期演奏会でした。


今年も本番に向けて、何ヶ月か前から生徒とやりとりが始まりました。

スコアや録音音源などをもらい、徐々に耳に馴染ませていきます。

またyoutubeなどで他校の演奏映像なども参考にしながら撮影計画を練っていきます。


より良い作品にするためには、事前準備が9割といえるほど重要です。

曲を把握しているに越したことはありません。


知らない曲をぶっつけ本番で撮ることもあります。しかし、

木管を狙ったのに吹き終えて金管パートに移ってしまったり、

座ったまま吹くソロに気づかず終わってしまう事もあります。

編集でリカバリはできますが、極力無いようにしたいものです。


ソロの把握と、どのパートがどの小節でメインをとるのか。

生徒の要望も加えて考慮します。

ある曲では映り辛いパートも、他の曲ではしっかりと映るようにするなど、

全体的に考えてフォローします。


吹奏楽定演の撮影

その出来上がった撮影プランをもとに、本番では設計図通りに撮影していきます。

あとは多少現場で自由に撮るようなところも残しておき、

ライブ感も残しつつまとめていきます。



カメラを10台くらい入れて、それぞれのパートを狙っていればいいと

考えるかもしれませんが、いろいろな面であまり現実的ではありません。

弊社ではカメラマン数人で回せるようなプランを考えています。

それでも現場でスコア読みながら、全カメラを把握して回していくのは困難ですので、

OBOGの方に譜面を追いかけてもらったりしながら撮影を進めていきます。



またリハーサルではステージ上にお邪魔して、できるだけ近くから撮影します。

本番では客席後方から撮影するカメラがメインとなります。

また違った近い空気感で細かい表情を撮影できます。

公演に来場しても見れない部分ですので、購入する保護者の方にも喜ばれています。



思い出としてふと見返す時があると思います。

断片的に撮ったスマホの映像などではなく、これ1枚あれば完結する

決定版のような作品になると嬉しいと思っております。

青春の1ページとして末長く持ってていただけると嬉しいですね。

吹奏楽定演の撮影



株式会社光洋のよくある撮影形式としては、

ホール客席にカメラ3-4台入れての本番撮影。

リハーサルや開場風景、お見送りなども撮影。

各部員希望購入。

という内容で行うことが多いです。

DVD/Blu-rayのお値段は、購入見込み数などを考慮して決まります。


購入見込み数が低い団体でも、より多くの方に買ってもらえるようなご提案をいたします。

購入者が求めている内容が充実し、多くの方に手に取っていただけるような製品を目指しております。




撮影をご検討されておりましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

サンプル映像などご用意できます。


定演などはシーズンにより週末日程が重なる事も多いです。

スタッフ・機材に限りがあるため、お早めのご連絡をお願いしております。




【吹奏楽定演の撮影】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



おかげさまで創業35年。

埼玉、東京、千葉、神奈川と、関東圏を中心に映像制作を行っている株式会社光洋です。


イベント制作・ライブ中継・収録・配信

ステージイベント、周年式典、表彰式、講演会、セミナー


学校・幼稚園

おゆうぎ会、卒業記念制作、合唱祭、定期演奏会、各種行事


ステージ収録

フラ ホイケ/コンペ、ダンス・バレエ、音楽教室発表会、オケ・吹奏楽定演


PV・CM制作

会社紹介、商品紹介、社員教育


DTP・WEBデザイン

会社パンフレット、名刺、チラシ、ポスター、WEBサイト




経験豊富なスタッフが撮影・編集・デザインなどを制作いたします。

DVD、Blu-ray、mp4データ、youtube公開、配信など、ご希望の媒体で納品いたします。



閲覧数:14回0件のコメント

Comentarios


bottom of page